▷ ​ニホンマムシ「手負蛇」

Color / 1色

Type  / オーバーニーのみ

蛇女手作りの標本からデータを採って制作。

しっとりとした印刷で、生々しさがあります。

アシンメトリーな猛毒の祟り蛇デザイン。

ガーターベルトを使うと、干物を干すように

センターからヒモに繋がるので、可愛く履けます!

同じ紫色のアイテムと合わせると上手に馴染みますよ。

特に、花柄アイテムと合わせての「お葬式コーデ」は

とってもオススメです!

 

夏の夜に履きたい、和風zombieな猛毒ニーハイ

 

手負蛇とは、江戸時代の奇談集「繪本百物語」

に収録されている蛇の怪異譚です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

蛇を半殺して捨置しかば、

其夜来りて仇をなさんとせしかども、

蚊帳をたれたりしかば入事を得ず。

翌日蚊屋の廻り紅の血しほしたゞりたるが、

おのづから文字のかたちをなしてあたむくひてんとぞ書たり。

『繪本百物語』−桃山人夜話−

蛇を半殺しにして捨て置くと、

夜に仇をなそうと家にやってくる。

蚊帳を張っておくと入っては来れないが、

翌朝には蚊帳の周りに血の滴る跡。

蛇が自ら字の形を成して、

「仕返しをしてやる」と書いたものだった。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

昔は畑仕事の最中に出た蛇を、

鎌で切って殺し、そこいらへ捨て置く、

という事もよくあったようですね。

 

​蛇は邪念のある者の所に現れる、と言われる物語の一つです。

 

日本で一番「毒ヘビ」として有名な固有種。

​一般的に「マムシ」と呼ばれるのはこの種です。

日本全国に生息しており、毒は出血毒。

ハブより小柄ですが、毒はマムシの方が強いです。

お酒に漬けて「マムシ酒」として飲まれたり、

乾燥させ粉末にした粉が漢方とされていたりなど、

滋養強壮薬としてのイメージも強いですが、

根拠はないと現代医学では言われています...

毒ヘビとして名高い「マムシ」の

生命力や気高さを、我が身に吸収する。

古くから現代にも続く「信仰」の一種だと言えますね。

■ 「手負蛇」 / シリーズ一覧